2006年9月22日 (金)

優勝はほぼ確実??

今日の相撲、
やはり見所は安馬朝青龍の一番だったでしょ。

う~ん、
やっぱり力の差がハッキリと分かるね。
結果は、寄り倒しで朝青龍の圧勝。

オレの予想、
やっぱり安馬はもっと太ったほうがいい!太ることは簡単だと思ってるけど、実際は相当きびしいことなんだろう。
でも、それを乗り越えてこそ真の強さが見えてくるんじゃないかな?
とにかくまだ若いんだ。今はがむしゃらに行くほうがいいかもね!

明日、朝青龍が勝てば優勝決定。
どうなるんだ!?

| | コメント (27) | トラックバック (28)

2006年9月21日 (木)

すもぅ

ひゃー。
段々と上位力士がしぼられてきたぞー。

1敗 朝青龍
2敗 安馬
3敗 露鵬、安美錦、北勝力

ついに安馬が2敗に後退。しかも明日は朝青龍と!!
すげぇな。(何が

今日は忙しいんでこれだけにしておきます。
許してー!

| | コメント (301) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

すもぉ

はーい。
今日も相撲の記事書くぞーーー!!最近テンション高い・・・


今日が終わって、2敗の力士はいなくなった。
とりあえず、上位にいる力士を発表!
1敗 朝青龍、安馬
3敗 千代大海、露鵬、安美錦、普天王、北勝力
4敗 白鵬、栃東、岩木山、栃乃花、春日王
ああっと、一応幕内だけで勘弁。。。

んじゃぁ、一応振り返ってみますか。
今日の安馬
今日は稀勢の里との一番。やっぱり、この二人を一緒に見ていると体格差が圧倒的。まぁ、安馬からすればほとんどの力士が体格よすぎってなるんだけどね。安馬も19○センチあるんだけどね・・・。安馬、まだまだこれからだ。オレと一緒にウェイトアップ頑張ろうぜ!!
で、結果は勝ち。安馬は立会いのときに、あたってから変化。決まり手は押し出し。
稀勢の里は終わったあと思い切り睨んでたよ。おお怖。でも、小柄な力士が大きい力士に勝つための、ちゃんとした対策だからしょうがない。たまにはああいうこともある。うん
で、1敗を守りきったってわけですよ。

じゃぁ、もう一人紹介。
今場所絶望的の白鵬。(毎回同じ力士ばっかでスンマセン!今度からは他の力士も紹介するつもり。)
今日の相手は栃東。白鵬はおとといの時点で3敗。もうこれ以上は負けられないって言っていた先から負けてしまった。やっぱり、若い白鵬には綱とりというのは、かなりのプレッシャーなのだろうか・・・。なんとか、調子を戻して欲しいと思う。
一方、栃東は復活してきたね!今日の相撲なんかを見ていても、とても怪我をしているようには思えないよ。そして、気になる明日の相手は、横綱朝青龍。オレの思いとしては、今日の流れのまま朝青龍を負かしてほしいね!それで安馬の初勝利・・・なんちって、そんなに簡単にはいかないよー。

ああ、もう一人紹介させてくれー。
把瑠都だけれど、今日から休場。う~ん、注目していた力士だっただけに残念!来場所は万全の状態で出てきてくれよ!

今日はこんなところかな。みんな少しでも「相撲っておもしろそう」とか「見てみようかなぁ」とか思ってくれたら嬉しいな。





| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月26日 (日)

優勝は・・・!?

今日は、春場所千秋楽でした。

今日の見ものはやはり!一敗で優勝争いをしている朝青龍白鵬です。とはいっても、今日はもう一つ!角番を迎えてあとがない魁皇と白鵬、綱とりを目指している栃東と朝青龍の一番。どの力士も負けられない場面。これはとても白熱しました。

途中で、白鵬と朝青龍がともに負けて優勝決定戦になれば、魁皇も角番を脱出し、栃東も来場所へつなげられる・・・と、こんなうまいことをおもっちゃったりしていましたが・・・

この予想はなんと的中!すごく上手い具合になりました。

こうなれば、あとは優勝はどちらがとるかです。白鵬にも優勝をさせてあげたかった。しかし、最後は横綱も意地を見せました。

今日の取り組みを見て、相撲の厳しさを味わった気がしました。

来場所も、いい取り組みをみんなにしてもらいたいです。よ

| | コメント (1) | トラックバック (19)

2006年3月12日 (日)

春場所キターー

今日ついに、春場所が開かれました!

実は自分、プロフィールにも書いてある通り、相撲の観戦が大好きなんですね!

だから、この日が待ち遠しくてたまりませんでした。

今場所も見所が満載です。

まずは、白鵬が大関昇進をかける戦い。

そして一番は、前の場所で優勝した栃東の綱とりをかけた試合・・・

くぅ、いいですねぇ。

ボクシングくらい燃えてきますよ!

そして、前回の相撲の記事にも書きましたが、

最近は日本人の活躍が目立っていません。

やはり相撲というのは日本で生まれた競技です。

だから、もう少し日本人力士に意地を見せてもらいたいですね。

では、明日からの戦いに期待しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)